スタンダードのデッキを紙で揃えるといくらになるのか?

昨年末、MTG専門の大手カードショップ、晴れる屋さん主催による大型イベント『The Last Sun2021』が行われていましたね。

新型コロナウイルスによってテーブルトップのイベントは自粛傾向にあり、MTGアリーナやマジックオンラインによるデジタルイベントが中心となっていましたが、晴れる屋さんの企業努力や参加者の方々の協力もあって無事トーナメントは開催され大いに盛り上がりを見せていました。

久々のテーブルトップによる大型イベントという事もあって、僕も暇を見つけてはネット観戦をしていましたが、やはりリアルイベントはデジタルにはない面白さがありますね。

テーブルトップのマジックからは遠ざかって久しいですが、今年は復帰したいなぁと改めて思いました。

そんなふうに考えたりもしていたわけですが、ここでひとつ気になる事が。

いま紙のマジックを始めるとして、だいたいどれくらいお金がかかるものなのだろうか。

特に最近はほとんどMTGアリーナしかしていなかったのもあって、シングルカードの価格はなんとなくの相場すらイメージ出来ない状態です。

そんな中、次回のエキスパンション『神河:輝ける世界』では原哲夫氏、新川洋司氏、風間雷太氏など著名な方々か手掛けたイラストやカードデザインが公開され、紙のマジックに興味を持った方も多いのではないかと思います。

そんなわけでいざ紙でマジックをするにあたって、現在スタンダードで流行しているデッキを全てシングルで購入して揃えた場合、おおよそいくらぐらいするのかデッキ毎にまとめてみました。

ちなみに今回は晴れる屋さんのネットショップを参考にさせて頂きました。

ショップによっては多少価格は前後するかと思いますが、デッキひとつ組むのに「だいたいこれくらいするんだな」というのを知って頂ければと思います。

スタンダードデッキ価格表

・MTGカード専門店、晴れる屋さんでの価格になります。

・価格は2022/1/7時点のものになります。

・基本土地は1枚10円として算出しています。

イゼット天啓

参考デッキ:1/2マジックオンライン-STANDARD CHALLENGE【KARATEDOM】
21:Land
100円×1:《廃墟の地/Field of Ruin》
900円×2:《ストーム・ジャイアントの聖堂/Hall of Storm Giants》
10円×4:《島/Island》
10円×6:《山/Mountain》
1180円×4:《河川滑りの小道/Riverglide Pathway》
780円×4:《嵐削りの海岸/Stormcarved Coast》

2:creatures
3600円×2:《黄金架のドラゴン/Goldspan Dragon》

37:other
2000円×4:《アールンドの天啓/Alrund’s Epiphany》
50円×1:《家の焼き払い/Burn Down the House》
50円×4:《多元宇宙の警告/Behold the Multiverse》
150円×1:《燃えがら地獄/Cinderclasm》
30円×2:《悪魔の稲妻/Demon Bolt》
180円×4:《ゼロ除算/Divide by Zero》
180円×3:《消えゆく希望/Fading Hope》
180円×4:《感電の反復/Galvanic Iteration》
150円×3:《ジュワー島の撹乱/Jwari Disruption》
180円×4:《棘平原の危険/Spikefield Hazard》
180円×1:《才能の試験/Test of Talents》
100円×4:《予想外の授かり物/Unexpected Windfall》
50円×2:《セレスタス/The Celestus》

15:sideboard
3600円×1:《黄金架のドラゴン/Goldspan Dragon》
150円×1:《燃えがら地獄/Cinderclasm》
180円×1:《消えゆく希望/Fading Hope》
180円×1:《才能の試験/Test of Talents》
150円×1:《バーニング・ハンズ/Burning Hands》
50円×1:《環境科学/Environmental Sciences》
1380円×1:《船砕きの怪物/Hullbreaker Horror》
1200円×1:《溺神の信奉者、リーア/Lier, Disciple of the Drowned》
600円×1:《マスコット展示会/Mascot Exhibition》
200円×1:《襲来の予測/Saw It Coming》
380円×3:《くすぶる卵/Smoldering Egg》
80円×1:《アルカイックの教え/Teachings of the Archaics》
30円×1:《轟く叱責/Thundering Rebuke》
合計:38,270円

緑単アグロ

参考デッキ: 1/2マジックオンライン-STANDARD CHALLENGE 【DRUGO】
24 :Land
1180円×3:《不詳の安息地/Faceless Haven》
500円×1:《ハイドラの巣/Lair of the Hydra》
100円×20:《冠雪の森/Snow-Covered Forest》

21 :creatures
500円×4:《隆盛な群れ率い/Ascendant Packleader》
120円×4:《カザンドゥのマンモス/Kazandu Mammoth》
500円×4:《老樹林のトロール/Old-Growth Troll》
50円×3:《冬を彫る者/Sculptor of Winter》
500円×2:《ウルヴェンワルドの奇異/Ulvenwald Oddity》
780円×4:《群れ率いの人狼/Werewolf Pack Leader》

15 :other
80円×4:《吹雪の乱闘/Blizzard Brawl》
300円×1:《豊穣の碑文/Inscription of Abundance》
50円×2:《蛇皮のヴェール/Snakeskin Veil》
900円×4:《エシカの戦車/Esika’s Chariot》
1580円×4:《レンジャー・クラス/Ranger Class》

15 :sideboard
500円×1:《ウルヴェンワルドの奇異/Ulvenwald Oddity》
300円×1:《豊穣の碑文/Inscription of Abundance》
50円×2:《蛇皮のヴェール/Snakeskin Veil》
1500円×2:《アヴァブルックの世話人/Avabruck Caretaker》
880円×2:《墓所のうろつくもの/Cemetery Prowler》
30円×3:《貪る触手/Devouring Tendrils》
30円×2:《辺境地の罠外し/Outland Liberator》
30円×2:《タジュールの荒廃刃/Tajuru Blightblade》
合計:31,300円

白単アグロ

参考デッキ 1/2マジックオンライン-STANDARD CHALLENGE【RASTAF】
23 :Land
250円×1:《フロスト・ドラゴンの洞窟/Cave of the Frost Dragon》
1180円×4:《不詳の安息地/Faceless Haven》
100円×19:《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》

30 :creatures
300円×2:《輝かしい聖戦士、エーデリン/Adeline, Resplendent Cathar》
30円×2:《戦場の猛禽/Battlefield Raptor》
400円×4:《粗暴な聖戦士/Brutal Cathar》
50円×2:《クラリオンのスピリット/Clarion Spirit》
580円×2:《精鋭呪文縛り/Elite Spellbinder》
250円×4:《有望な信徒/Hopeful Initiate》
1580円×2:《剛胆な敵対者/Intrepid Adversary》
800円×4:《光輝王の野心家/Luminarch Aspirant》
480円×2:《傑士の神、レーデイン/Reidane, God of the Worthy》
800円×2:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
100円×4:《堕ちたる者の案内者/Usher of the Fallen》

7 :other
50円×2:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
600円×2:《ポータブル・ホール/Portable Hole》
680円×2:《パラディン・クラス/Paladin Class》

15 :sideboard
580円×2:《精鋭呪文縛り/Elite Spellbinder》
800円×2:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
600円×1:《ポータブル・ホール/Portable Hole》
50円×2:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
700円×1:《運命的不在/Fateful Absence》
30円×1:《束の間の霊魂/Fleeting Spirit》
100円×2:《ガーディアン・オヴ・フェイス/Guardian of Faith》
2000円×3:《スカイクレイブの亡霊/Skyclave Apparition》
300円×1:《歓迎する吸血鬼/Welcoming Vampire》
合計:34,060円

ディミーアコントロール

参考デッキ: 1/2マジックオンライン-STANDARD CHALLENGE【PHILL_HELLMUTH】
23:Land
1400円×4:《清水の小道/Clearwater Pathway》
100円×2:《廃墟の地/Field of Ruin》
900円×2:《ストーム・ジャイアントの聖堂/Hall of Storm Giants》
580円×1:《目玉の暴君の住処/Hive of the Eye Tyrant》
10円×5:《島/Island》
10円×4:《難破船の湿地/Shipwreck Marsh》
10円×5:《沼/Swamp》

6:creatures
1200円×3:《溺神の信奉者、リーア/Lier, Disciple of the Drowned》
600円×3:《セッジムーアの魔女/Sedgemoor Witch》

31:other
1380円×1:《不笑のソリン/Sorin the Mirthless》
200円×2:《血の長の渇き/Bloodchief’s Thirst》
30円×4:《強迫/Duress》
180円×3:《多元宇宙の警告/Behold the Multiverse》
400円×4:《考慮/Consider》
180円×4:《ゼロ除算/Divide by Zero》
180円×3:《消えゆく希望/Fading Hope》
200円×2:《冥府の掌握/Infernal Grasp》
150円×2:《ジュワー島の撹乱/Jwari Disruption》
100円×1:《パワー・ワード・キル/Power Word Kill》
50円×1:《眼識の収集/Siphon Insight》
180円×2:《才能の試験/Test of Talents》
50円×2:《セレスタス/The Celestus》

15:sideboard
100円×1:《パワー・ワード・キル/Power Word Kill》
180円×1:《才能の試験/Test of Talents》
30円×1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
50円1:《環境科学/Environmental Sciences》
500円×3:《真っ白/Go Blank》
1400円×1:《砂漠滅ぼし、イムリス/Iymrith, Desert Doom》
300円×2:《心悪しき隠遁者/Malevolent Hermit》
600円×1:《マスコット展示会/Mascot Exhibition》
10円×1:《レイ・オヴ・エンフィーブルメント/Ray of Enfeeblement》
150円×1:《魂の粉砕/Soul Shatter》
80円×1:《アルカイックの教え/Teachings of the Archaics》
5500円×1:《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》
合計:30,530円

ジャンドトレジャー

参考デッキ:1/3マジックオンライン-STANDARD LEAGUE【BLESS_VON】
24:Land
1600円×4:《荒廃踏みの小道/Blightstep Pathway》
780円×4:《岩山被りの小道/Cragcrown Pathway》
1500円×4:《闇孔の小道/Darkbore Pathway》
1600円×1:《バグベアの居住地/Den of the Bugbear》
10円×3:《森/Forest》
600円×4:《憑依された峰/Haunted Ridge》
500円×2:《ハイドラの巣/Lair of the Hydra》
250円×2:《落石の谷間/Rockfall Vale》

27:creatures
3600円×4:《黄金架のドラゴン/Goldspan Dragon》
80円×2:《結ばれた者、ハラナとアレイナ/Halana and Alena, Partners》
400円×3:《イマースタームの捕食者/Immersturm Predator》
50円×4:《ヤスペラの歩哨/Jaspera Sentinel》
400円×4:《厚顔の無法者、マグダ/Magda, Brazen Outlaw》
700円×1:《月の帳の執政/Moonveil Regent》
350円×4:《裕福な亭主/Prosperous Innkeeper》
150円×3:《無謀な嵐探し/Reckless Stormseeker》
1480円×2:《嘘の神、ヴァルキー/Valki, God of Lies》

9:other
1680円×3:《髑髏砕きの一撃/Shatterskull Smashing》
200円×2:《冥府の掌握/Infernal Grasp》
900円×3:《エシカの戦車/Esika’s Chariot》
1580円×1:《レンジャー・クラス/Ranger Class》

15:sideboard
20円×1:《罠を探す/Check for Traps》
30円×3:《強迫/Duress》
500円×3:《真っ白/Go Blank》
2200円×1:《蜘蛛の女王、ロルス/Lolth, Spider Queen》
100円×3:《パワー・ワード・キル/Power Word Kill》
10円×3:《レイ・オヴ・エンフィーブルメント/Ray of Enfeeblement》
5500円×1:《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》
合計:63,510

オルゾフミッドレンジ

参考デッキ 1/3マジックオンライン-STANDARD LEAGUE【NGFC_MARK】
24:Land
780円×4:《陽光昇りの小道/Brightclimb Pathway》
1180円×4:《不詳の安息地/Faceless Haven》
100円×1:《廃墟の地/Field of Ruin》
100円×5:《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》
100円×6:《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp》
30円×4:《雪原の陥没孔/Snowfield Sinkhole》

16:creatures
150円×3:《魅せられた花婿、エドガー/Edgar, Charmed Groom》
150円×4:《ひきつり目/Eyetwitch》
100円×1:《不吉なとげ刺し/Fell Stinger》
30円×4:《象徴学の教授/Professor of Symbology》
150円×4:《よろめく怪異/Shambling Ghast》

20:other
2200円×3:《蜘蛛の女王、ロルス/Lolth, Spider Queen》
1380円×2:《不笑のソリン/Sorin the Mirthless》
300円×3:《雪上の血痕/Blood on the Snow》
200円×4:《命取りの論争/Deadly Dispute》
200円×1:《冥府の掌握/Infernal Grasp》
500円×4:《消失の詩句/Vanishing Verse》
5500円×3:《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》

15:sideboard
50円×1:《過去対面法/Confront the Past》
30円×3:《強迫/Duress》
50円×1:《環境科学/Environmental Sciences》
500円×4:《真っ白/Go Blank》
600円×1:《マスコット展示会/Mascot Exhibition》
80円×2:《危難の道/Path of Peril》
10円×1:《害獣召喚学/Pest Summoning》
30円×1:《記憶留出法/Reduce to Memory》
150円×1:《魂の粉砕/Soul Shatter》
合計:43,930円

赤単ゴブリン

参考デッキ:1/6マジックオンライン-STANDARD LEAGUE【MIKETV2】
23:Land
1180円×4:《不詳の安息地/Faceless Haven》
100円×19:《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》

24:creatures
20円×4:《雄叫ぶゴブリン/Battle Cry Goblin》
50円×4:《火刃の突撃者/Fireblade Charger》
10円×4:《ゴブリンの投槍兵/Goblin Javelineer》
50円×4:《ホブゴブリンの山賊の頭/Hobgoblin Bandit Lord》
10円×4:《ホブゴブリンの隊長/Hobgoblin Captain》
20円×4:《巨体のバグベア/Hulking Bugbear》

13:other
100円×1:《錬金術師の計略/Alchemist’s Gambit》
30円×4:《乱動の噴火/Roil Eruption》
10円×4:《君は二匹のゴブリンを見つけた/You See a Pair of Goblins》
50円×4:《霜噛み/Frost Bite》

:sideboard
100円×3:《削剥/Abrade》
150円×4:《バーニング・ハンズ/Burning Hands》
20円×4:《白熱する議論/Heated Debate》
20円×4:《マジック・ミサイル/Magic Missile》
合計:8,780円

まとめ

今のスタンダードで流行しているデッキはおおよそ3万円~4万円ほど、3色のデッキだとレア土地が増える分総額も上がりやすいですね。

これを高いと感じる方もいるでしょうが、最後にご紹介した『赤単ゴブリン』はここ最近のマジックオンライン-STANDARD LEAGUEで何度か5-0しており結果を出しています。
このように低価格でもトップメタの数万円するデッキたちと戦うのは充分可能ですし、一気に全てのカードを集める必要もありません。
時間をかけて少しずつ集めていくのも醍醐味です。

デジタルとは全く違った面白さが必ずあるので、紙マジックを体験した事がない方はぜひ一度は遊んでみてほしいなと思います。

それではまた!

シングル価格参考サイト:晴れる屋
管理人

管理人

MTG歴20年以上(一応)
現在はMTGアリーナとマジックオンラインを中心に活動しています。
どちらかというとリミテッドより構築好きです。

FOLLOW

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA